キャンプの椅子はどれがいい?おすすめアウトドアチェア

アウトドアチェア

快適なキャンプをするために重要となってくるのがアウトドアチェア(椅子)です!

ロースタイルやハイスタイルなどキャンプスタイルによっておすすめが変わってくるのでタイプ別にコンパクトさや価格を考慮した上でのおすすめアウトドアチェアをご紹介します。

アウトドアチェアの選び方

キャンプ風景

アウトドアチェアは、キャンプで軸となるテーブルや椅子の高さでスタイルを決めましょう。スタイルは大きく3つに分かれ、「ハイスタイル」「ロースタイル」「お座敷スタイル」があります。その後、機能面やコスパ、見た目などで欲しいチェア(椅子)を決めていきましょう!

1、ハイスタイル

ハイスタイルは一般的な家庭の食事風景をイメージしてくだい。テーブル高さ70cm前後、椅子高さ40cm前後がキャンプではハイスタイルにあたります。

〜メリット〜
・立ったり座ったりなど作業がしやすい
・食事がしやすい
・品揃えが多いので安価な商品も多い

〜デメリット〜
・収納時のコンパクトさに欠ける
・子供は足が地面に届かいこともあり不安定
・焚き火には向かない高さ

2、ロースタイル

近年人気のロースタイル。テーブル高さ40cm前後、椅子高さ30cm前後がロースタイルに当たります。

〜メリット〜
・天井との距離ができるので空間が広くなりゆっくりできる
・収納がコンパクト
・焚き火向きの高さ

〜デメリット〜
・食事や調理のしにくさ
・一度座ると立つのが面倒

3、お座敷スタイル

お座敷スタイルはその名の通り、マットなどを敷き、その上で座椅子や座布団などに座って過ごすスタイルです。

〜メリット〜
・すぐ横になれる
・荷物が非常にコンパクトになる

〜デメリット〜
・汚れやすくアリなどが上がってくる
・靴の脱ぎ履きが面倒

おすすめチェア〜ハイスタイル〜

Take!チェア

とにかくおしゃれ!洗練されたデザインで立つのが嫌になるくらい座り心地も抜群です。使用されている竹には衝撃吸収力があるうえ、リラックス効果もあるそうです。おしゃれすぎることからキャンプだけでなくお家で使用する方も多いみたい。

[品質]
●使用サイズ:550×630×750mm(シート高420mm)
●収納サイズ:100×150×980mm 
●材質:フレーム/竹集成材、アルミアルマイト加工、金具/ステンレス、シート/綿帆布 
●重量:約3kg

このTake!チェアには背もたれが長いバージョンもありますが、座面までの高さが36cmと少し低めです。

イギリス軍 フォールディングチェア(ローバーチェア)

密かに人気上昇中のローバーチェア。もともとはイギリス軍の車載装備の椅子としてローバートラックに積まれていたそうです。収納性が高く、落ち着いたデザインでミリタリー好きには特に人気です。ゆったり座るというよりは作業などするときに座る方がおすすめです。

[品質]
●使用サイズ:縦87cm×横55cm×奥行き57cm(閉脚時12cm)
●座面:横43cm×奥行き33cm
●耐荷重:約80kg

ogawa ハイバックチェア  コットン

ハイバックチェアの元祖と言われているogawa。このタイプは立ち上がりにくいという方もいますが、ogawaのハイバックはお尻が沈み過ぎず作業も楽々です。ゆったりするにも食事などの前傾姿勢でも座り心地がいいです。スノーピーク同様、お値段が張ってしまうのが難点です。

[品質]
●使用サイズ:幅50cm×奥行40cm×高さ43cm(座面までの高さ)
●収納サイズ:幅111×奥行11cm×高さ15cm
●重量:約4.0kg
●安全耐荷重:80kg

おすすめチェア〜ロースタイル〜

ヘリノックス チェアワン

軽量で頑丈かつコンパクトなうえ、座り心地がとても良く、キャンパーから絶大な人気を誇ります。組み立ても収納もとても簡単で1分あればあっという間にできます。収納袋を脚に取り付けて小物入れにできるなど細かいとこまで気配りもされています。バリエーションも豊富なので選ぶのも楽しいです。

[品質]
●使用サイズ:幅52×奥行50×高さ66cm
●収納サイズ:幅35×奥行10×高さ12cm
●重量:890g(960g) ※()内はスタッフバッグ込みの重量
●座面高:34cm
●耐荷重(静荷重):145kg

アディロンダック  キャンパーズチェア 

座り心地が最高級に素晴らしく耐久性もバッチリです。背もたれもついているので長時間座っていても疲れずそのまま寝てしまうことも。コットン製なので肌触りもいいです。一つ難点は収納性でコンパクトさに欠けます。しかし、それをふまえても快適度にはかないません。座面の高さは少し高めです。

[品質]
●使用サイズ:W57×D68×H90cm
●収納サイズ:W14×D14×H108cm
●重量約:2.9kg
●耐荷重:80kg

ハイランダー ウッドフレームチェア

インスタなどで見かけるおしゃれなカーミットチェアの類似品です。カーミットチェアは値段が3万円程度と高く、組み立てが難しいなどの難点があります。しかし、このハイランダーのウッドフレームチェアはそんな悩みを解決してくれます。

[品質]
●使用サイズ:55×53×63cm
●収納サイズ:57×13×11cm
●座面高:約31cm
●重さ:3.3kg
●耐荷重:80kg

※2脚セットで買う方がお得です!

もう一つ人気の類似品があります!それが「フィールドア クラシックチェア」。

ハイランダーとフィールドアの違いは金具の部分ぐらいであとはさほど変わりありません。少しでもしっかりしてる方がいいなら「ハイランダー」、安さを求めるなら「フィールドア 」を買うといいでしょう。

おすすめチェア〜お座敷スタイル〜

クレイジークリーク  ザ・チェア

クレイジークリークはアメリカのアウトド用品ブランドです。ザ・チェアは定番のオリジナルをお手頃価格にしたものです。十分なクッション性があるので痛さがありません。ストラップ調整で背もたれの角度を変えることもできます。

[品質]
●使用サイズ:82cm×40cm
●収納サイズ:41.5cm×4cm
●重量:659g
●素材:200デニールナイロン、EP

エルゴライフチェア

人間工学に基づいて板を組み合わせて作られており、安定感が抜群です。通気性も良いので夏は蒸れを防いでくれます。そのまま長時間座るとお尻が痛くなるので下にドーナツ型クッションなど敷くことをおすすめします。座椅子にしてはお値段は高いです。

[品質]
●使用サイズ:W40cm×D40cm×H40cm
●重量:985g 
●素材:樺の木、キャンバス地(コットン100%) 

番外編〜リクライニングチェア〜

コールマン インフィニティチェア

フルリクライニングにすると、足がお尻より高くなる設計なのでとても楽です。設営・収納もとても簡単で枕は腰までなら自由に動かすことができます。心地よすぎてダメになるという声も多い最高のリクライニングチェアです。難点は重量があるのと収納時場所をとってしまうことです。

[品質]
●使用サイズ:約92×69×110(h)cm(通常時)、約166×69×76(h)cm(リクライニング最大時)
●収納サイズ:約15×69×90(h)cm
●重量:約8.8kg
●座面幅:約46cm
●座面高:約50cm(通常時)
●耐荷重:約100kg