【タイ】バケツでお酒を飲む?!

スポンサーリンク




こんにちは☀️まめたろうです?

今回は、日本では見たことないタイで飲んだお酒をご紹介します✨

その名は通称「バケツ」❗️❗️

名前からして斬新ですが、これがとても最高なのです(笑)

「バケツ」とは?

バケツ

「バケツ」とは、お酒と缶ジュースまたはレッドブルをバケツにいれて割ったカクテルのことです?

だいたいお酒2、ジュース3ぐらいの割合になります?

つまり、アルコール度数はかなり強め?

私が飲んだのは、ウォッカ200mℓをレッドブル300mℓぐらいで割ったものでした❗️

そのカクテルを細めのストロー4本を使って飲みます?

確実に酔いますね(笑)

「バケツ」の楽しみは、自分で作るという点にもあります✨

もともと割ったものをだしてくれるのではなく、バケツとお酒、ジュースをそれぞれだしてくれます?

そこから自分で注いでいくのですが、それだけでもなぜかテンションがあがってきます(笑)

「バケツ」の値段

わたしは、カオサン通りで飲んだのですが、約400バーツ、日本円にすると約1200円ぐらいでした?

場所によってはもう少し安いところもあるそう、、❗️

高いなと思った方もいるかもしれませんが、「バケツ」は量が多いので、なかなかなくなりません?

グラスでカクテルを何杯も飲むのを考えると、「バケツ」のほうが安いかも‼️

アルコール度数が強い+ストローで飲むので、手っ取り早く酔えますしね?

「バケツ」を飲める場所

カオサン通り

有名なのは、パンガン島やピピ島などで開催されている「フルムーンパーティ」みたいです✨

「フルムーンパーティ」とは、満月の夜だけに開催されるパーティのことです??

でも、島に行かなくても飲める❗️

私が「バケツ」を飲んだのは、バックパッカーで有名な「カオサン通り」です?

バンコクにあるので行きやすいと思います✨

オープンテラスのBarばかりなので、「バケツ」を持っている人がいるところを見つけて入れば飲めます?

周りを見ると、けっこうたくさんの人が手にして飲んでいるので、言葉が通じなくても、「あれ」と指さすだけで持ってきてくれます?

まとめ

「バケツ」は、1人で飲むのがきつければ、友達とシェアして飲むのもいいかもしれませんね?

お酒がよっぽど強くなければすぐに酔えるので、酔った勢いで外国の人と仲良くなれるかも✨✨

タイに行ったときは、ぜひ、飲んでみてください?

注意点として、、

「バケツ」は飲みやすいので、無理して飲んで旅行が台無しにならないようにしましょう⚠️

スポンサーリンク