【2018】ストロベリームーン!土星も近づく?!

スポンサーリンク




木と月

願い事を叶える力があるといわれる「ストロベリームーン」。

みなさんはご存知でしょうか??

2018年のストロベリームーンは6月28日

その前に「ストロベリームーン」とは何か知っておきましょう!!

ストロベリームーンとは?

ストロベリームーン

「ストロベリームーン」とは、夏至(6月にある年間で1番日照時間が長い日)に1番近い満月のことで、名前からもイメージできるように、満月がほのかに赤みがかって見える現象です。

もともとはネイティブアメリカンがそう呼んおり、それが広がったと言われています。

日本では12月から4月がイチゴの収穫時期ですが、アメリカのイチゴの収穫時期は6月です。

その6月の満月が赤みがかって見えるので、ネイティブアメリカンは「ストロベリームーン」と名付けたそうです。

ちなみに、ヨーロッパでは6月の収穫時期ではないので「ローズムーン」と呼ばれています。

なぜ、赤く見えるの?

ストロベリームーンが赤く見える理由は、月の高さにあります。

まず、太陽を例にとってみると、朝日や夕日が赤く見えることがありますよね?

これは、太陽が水平線や地平線などの低い位置にいることが原因です。

月にもこれと同じことがいえます。

つまり、月が低い位置にあるとき赤く見えやすくなるということです。

では、なぜ、低い位置にあると赤く見えるのでしょうか?

そもそも月は白っぽく見えますが赤色や青色などの色が入り交じっています。

その月の光が、私たちに届くには、光が厚い大気の中を通る必要があります。

青や緑の光は大気を通りにくいのですが、赤い光は大気を通りやすい性質があります。

つまり、大気は低いほど厚く、頭の真上方向に行くほど薄くなるので、月が低い位置にあるほど赤い光がより届くので赤く見えやすくなるということです。

見頃や方角は?

ピーク時間は6月28日の13:53!

しかし、お昼なので月は現れそうではないですね。

28日の深夜まで満月なので、運がよければみれるかも?!

また、28日は月に土星が大接近します!!

土星も肉眼で見れるかもしれないので、ぜひ、チェックを!

方角は、ほぼ真上みたいです。

願い事をしよう!

ストロベリームーンを見ることができると願いが叶うというジンクスがあります!

特に恋愛関係に関する願いによい効果があるとか、、、

また、願いだけでなく幸運に恵まれるといういわれもあるそうです!

ストロベリームーンは、1年に1度の特別な満月なので、今年はサッカーを応援しながらちょこっと見てみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク




その他

Posted by wpmaster